Balance Theory

手のひらバランス遊び理論

3点突起技術の効果測定

ZUNOWでも採用されている弊社特許技術である三点突起インソール「IRERUDAKE」
使用有無で歩行時と立位時にどのように重心のかかる箇所に違いが出てくるのかその変化を測定しました。

歩行時の重力のかかり具合の検証

左図のインソール有の場合、重心が進行方向に延び、かかとから親指のつま先まで足全体を使って歩くことができていることがわかります。そして横方向の移動が小さく、左右にぶれない歩き方になっていると言えます。

一方右図のようにインソールを使用していない場合、つま先まで力をしっかりと伝えることができておらず、さらに横方向へのブレも大きいので効率的な歩行が出来ているとは言い難い状態です。

立位時の重力のかかり具合の検証

左図のインソール有の場合、重心が左右でそろっており、立位で上からの力をまっすぐ踵にかけることができていることが分かります。

一方、右図のようにインソールを使用していない場合、重心が左右でばらついており、前後左右方向に安定しないため、前足部まで使って支えていることが分かります。